FC2ブログ

画塾と工部美術学校

明治に入り鹿鳴館時代と呼ばれる欧化主義の時代が到来する。その中で洋画熱に取りつかれた青年たちを吸収する画塾が続々と現れた。明治二年に開設された川上冬崖の聴香読画館を皮切りに、高橋由一の天絵楼、国沢新九郎の彰技堂、五姓田芳柳塾、川村清雄塾などが次々に開かれる。時代の要請に対応するものであったが、絵具はもちろん、油、筆、カンヴァスなどがあるはずはなく、手製のものを苦労して使うという時代であった。
ところが、そういった状況の中で、明治九年に入って工部美術学校が開設されることになった。
その設置目的の内容は、それほど新奇なものではなく、日本の伝統的な技術に西欧の技術を継ぎ足して、ヨーロッパの美術学校に負けないようなものにしたいということを謳っている。「真写ノ風」という言葉を使って西欧レアリスムの道を進めたいと力説しているところが大切であろう。
この学校で教えることになったのはイタリアから招かれたフォンタネージ(絵画)とラグーザ(彫刻)、カペレッティ(建築)の三名である。
フォンタネージはイタリア画壇では高く評価されており、特にフランスのバルビゾン派に親近感を抱き、またコローの作風にも惹かれていた画家であった。彼は来日に際して、わざわざ多くの教材を用意してきた。
彼の授業は通訳を使ってフランス語で行われた。内容は遠近法、風景画法、賦彩法、木炭使用法、油絵下地製作法などの技術的なものから彼独自の画論にまで及んでいる。透明な絵の具を薄くおいてゆく描き方と暗い鳶色への好みは、その後の日本の洋画の一つの傾向となっていく。彼のもとで勉強したのは浅井忠、小山正太郎、松岡寿、高橋源吉、山本芳翠、五姓田義松、藤雅三、それに女性の山下りん、大鳥雛子などであった。
明治十六年一月には画学科も廃止され、ここに工部美術学校は終止符を打つ。

kwkmhuukeizu.png

川上冬崖の風景図

imagesafbgOFOU6QHN.jpg

フォンタネージの牧牛

imagesyhshzD9ZUZ2V1.jpg

山本芳翠の西洋婦人像

imagesgyasiTA3PCYOR.jpg

五姓田義松の操芝居

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 絵画
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 画塾 工部美術学校

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
my QR code
QR
プロフィール

あーてぃくらふてぃ

Author:あーてぃくらふてぃ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
記事のキーワード

アイルランド音楽 ドラクロワ コンスタブル リンゴの唄 乾草車 モネのルーアン大聖堂 悲しき口笛 東京ブギウギ コローのシャルトル大聖堂 亜欧堂田善 藤城清治 偶有性 流行歌 ヨナ抜き音階 19世紀のフランス絵画 テネシー・ワルツ マネ 新古典主義 ゴヤ マラーの死 グループ・サウンズ GS ダヴィッド 和製ポップス 司馬江漢 感性のトレーニング ロカビリー 翻訳ポップス 想い出のワルツ Last.fm 西欧の近代絵画 風景画 芸術とは 芸術 社会的な価値観 高階秀爾 Q&A 音楽とは 感動 美術とは 音楽系SNS コミュニケーション 美的感覚 現実性の寓意 日本近代絵画 音楽サイト 音楽関連サイトリンク集 カラオケ 日本の近代絵画 コミュニケーション・ツール 音楽と人間 性格 創造力 パブリックアート Songdrop 森山良子 ニューオリンズ 聖者の行進 失音楽症 美術真説 魂の歌 協合現象 共鳴現象 ニューミュージック ロマン主義絵画 モネ 印象・日の出 フェノロサ スピリチュアル ブルース 1947年 朝はどこから 子守唄 ダンテの小舟 赤ちゃんと音 文人画攻撃 並木路子 ラグタイム サロン 旅の夜風 ジャズ ゆらぎ サザンオールスターズ フランス絵画 音楽療法 ロマン派 ジェリコー メデュース号の筏 西洋レアリスム チャールズ・ワーグマン アングラ・フォーク 1948年 岡林信康 高橋由一 ジャックス はっぴいえんど 井上陽水 吉田拓郎 かぐや姫 キャロル ダウン・タウン・ブギウギ・バンド 工部美術学校 画塾 フォーク ロック Secret_Garden Celtic_Woman 通信カラオケ 

アクセスカウンタ
助っ人
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

TZ
ブログランキング・ブログパーツ2
ブログ村ランキング
アンケート