FC2ブログ

絵画や音楽の鑑賞における活用法

以下は茂木健一郎さんの本から引用しました。
「英語を学ぶとき何が一番大事か?」
結論は 単語や文法の暗記ではなく、英語に対して感覚を開くという、「感性のトレーニング」をすることだそうです。
人間の進化について考えるとき、最も重要な概念が「偶有性」で、規則的な事柄とランダムな事柄の中間にあり、「どのように変化するかわからない性質」のこと。
この性質が現実社会にもあり、次の瞬間に何が起きるかわからない状態にも適応できるように、学び、そして進化してきたのが人間の脳なのだ。こうした偶有性との「幸福な出合い」こそが、生きていく上での秘訣だった。
勉強においても同じ事が言えるので、偶有性を活かしながら学ぶこと。
そのためには、絵画や音楽鑑賞において、感覚を開くように、英語学習の時も、感覚を思いっきり開き、自らを共感させながら相対すれば、英語が次第に見えてくるらしいです。

ひとつの活用法です。お試しあれ!!


芸術・人文(全般) ブログランキングへ



音楽評論 ブログランキングへ
スポンサーサイト



テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 感性のトレーニング 偶有性

パブリックアートについて


芸術・人文(全般) ブログランキングへパブリックアートを考えるリンクです。
こちらリンク先です。
日本の3つのパブリックアートの共通点をもういちどまとめてみると、作品自体の美しさや完成度より人々とのコミュニケーションを求めていること、そのため作品を介して、あるいは制作過程にワークショップやコラボレーションを採り入れることで市民参加を促していること、その結果、作者がアノニマスな存在に近づくこと、などがあげられる。ひとことでいえば、作品が静的に完結せずに動的であり、開放系であるということだ。

これから どんどんパブリックアートに目を向けていきたいですね。コミュニケーション・ツールとしても考えていきたいところです。

テーマ : アート
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : パブリックアート コミュニケーション・ツール

音楽と人間

音楽と人間 この研究として 次のリンクがありました。
こちらリンク先です。

「適度なノイズ」で創造力がアップ


ToDoリストを片づけようと気合いを入れている時には、聴いている音楽のボリュームを上げたくなるものですよね? でも、クリエイティブな仕事をしている時には、大音量の音楽は最適なBGMとは言えないかもしれません。

創造力を使う仕事に一番適しているのは、適度なレベルのノイズがある環境だそうです。ノイズレベルが高すぎると、気が散って良くないのですが、雑音がほとんどない場所よりも、適度なアンビエントノイズがある場所のほうが、創造力を発揮しやすいのです。

これはどういう仕組みかというと、適度なレベルのノイズには作業の難易度をアップさせる作用があるため、これが抽象的な思考を促し、ひいては創造力の向上につながるそうです。言い換えれば、私たちは、通常よりも解決に手間取ると(ほどよい程度である必要はありますが)、より創造力を働かせたアプローチを試す気持ちになる、というわけです。

リンクには 音楽と性格の関係も書かれています。
興味深いことが書かれていますが、音楽と人間の関係をよく知り、それを生活に生かしていきたいですね。
さらに 調べて研究してみましょう。



音楽評論 ブログランキングへ

テーマ : 音楽的ひとりごと
ジャンル : 音楽

tag : 音楽と人間 性格 創造力

芸術とは-Yahoo検索


芸術・人文(全般) ブログランキングへ芸術とは-Yahoo検索リンク先です。
リンク先の中から 最初の 芸術とは何かこちらリンク先です。・・・の中では 動物との違い、芸術とは何かについて考え、あらゆる人は芸術家だと見なした結論として、芸術とは、社会的な価値観を作り変えていくこととしています。
詳しくはリンクを検討してみてください。
また、別のリンクでは 芸術とは、人の心を動かすもの及びその産物と見ています。こちらリンク先です。
さらに ほかのリンクでは  芸術とは、「美しいとは」で述べたような美的内容と、感情や感覚などのコミュニケーション的内容との二重の意味で複雑で多様な情報を持っているところに、高い価値が見出されるのであろう。そして、このことによって人は感動させられるのである。また、その芸術に含まれる美的感覚や感情などが、人に普遍的な要素が強いとすれば、時間や空間を超えて評価されることになるであろう。
リンク先はこちらです。

いろいろな評価がありますので、自分で一番しっくりくるのを見つけてください。
私としては まだ、これから追求していく課題です。

もっとクリアになってきましたら、また、新しい記事を書こうと思います。

テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 芸術とは 芸術 社会的な価値観 コミュニケーション 美的感覚

美術とは?ネット検索で調べてみた!


芸術・人文(全般) ブログランキングへ

美術とは?-Yahoo知恵袋リンク先です。
この知恵袋はためになります。
アンサーも役立ちますし、何よりもいろいろな人の意見が聞けます。
次にhao123の検索結果は
こちらリンク先です。・・・・のようになりました。
いろいろ調べたい時に便利ですね。


大まかな掌握はこれからですが、追々つかんでいくこととします。
次回からは 近代絵画から入っていこうと思いますが、未定、変更の部分もあろうかとは思います。そこはブログのいいところで、編集が簡単なのがいいですね。

では、これからもよろしくです。\(・o・)/!♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪

テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 美術とは

音楽と絵画の感動の違いは?リンクと私的感想

音楽と絵画の感動の違いは?リンク先です。
似ているようで微妙な差異があるとみる向きもあるようですが、私はそれほど 差異にこだわりはありません。
強いて言えば、音楽の方が長く感動できるようで、絵画の方は瞬間的なものと感じられるようです。
今は、イラストで感覚的に美しいものを追っている段階で、音楽の方が、より深く感動を味わっているみたいです。
しかし、これからは パソコン等を使って より活発に活動をしていく所存です。

より良いアイデアが浮かぶのを待っています。何か良い方法をお持ちの方はよろしくお願いいたします。m(_ _)m


音楽評論 ブログランキングへ

テーマ : 芸術・心・癒し
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 感動

音楽とは

音楽とは何かについて 音楽とは で検索してみました。
こちらリンク先です。
そのうちの一つ音楽とは何かに当たってみると、音を研ぎ澄まして単に聞けば良いらしいという結論に達している。
また、「音楽」とは?ロケットニュース24では、友とのつながりを音楽に込めている。
WALKMANの「Play you.」facebookページの紹介もしていて参考にしたい。

より芸術的であるとともに、より実際的でもありたいと「音楽」に託すのは 私ばかりだろうか?

さらに検索結果を紐解いて さらなる真価を遂げたいと願う。さらに思索は続いていく。(#  ̄ー ̄)〇( ´∀`)bグッ!


音楽評論 ブログランキングへ

テーマ : 音楽
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 音楽とは

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
my QR code
QR
プロフィール

あーてぃくらふてぃ

Author:あーてぃくらふてぃ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
記事のキーワード

アイルランド音楽 ドラクロワ コンスタブル リンゴの唄 乾草車 モネのルーアン大聖堂 悲しき口笛 東京ブギウギ コローのシャルトル大聖堂 亜欧堂田善 藤城清治 偶有性 流行歌 ヨナ抜き音階 19世紀のフランス絵画 テネシー・ワルツ マネ 新古典主義 ゴヤ マラーの死 グループ・サウンズ GS ダヴィッド 和製ポップス 司馬江漢 感性のトレーニング ロカビリー 翻訳ポップス 想い出のワルツ Last.fm 西欧の近代絵画 風景画 芸術とは 芸術 社会的な価値観 高階秀爾 Q&A 音楽とは 感動 美術とは 音楽系SNS コミュニケーション 美的感覚 現実性の寓意 日本近代絵画 音楽サイト 音楽関連サイトリンク集 カラオケ 日本の近代絵画 コミュニケーション・ツール 音楽と人間 性格 創造力 パブリックアート Songdrop 森山良子 ニューオリンズ 聖者の行進 失音楽症 美術真説 魂の歌 協合現象 共鳴現象 ニューミュージック ロマン主義絵画 モネ 印象・日の出 フェノロサ スピリチュアル ブルース 1947年 朝はどこから 子守唄 ダンテの小舟 赤ちゃんと音 文人画攻撃 並木路子 ラグタイム サロン 旅の夜風 ジャズ ゆらぎ サザンオールスターズ フランス絵画 音楽療法 ロマン派 ジェリコー メデュース号の筏 西洋レアリスム チャールズ・ワーグマン アングラ・フォーク 1948年 岡林信康 高橋由一 ジャックス はっぴいえんど 井上陽水 吉田拓郎 かぐや姫 キャロル ダウン・タウン・ブギウギ・バンド 工部美術学校 画塾 フォーク ロック Secret_Garden Celtic_Woman 通信カラオケ 

アクセスカウンタ
助っ人
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

TZ
ブログランキング・ブログパーツ2
ブログ村ランキング
アンケート